So-net無料ブログ作成

ハロウィンに事故はつきもの?安全に行うためのアドバイス [ハロウィン]

お祭りには事故はつきもの。

特にハロウィンは、仮装、夜に行うという事から、
不審者や動物と間違われて危険な目に合うこともしばしば。


もし貴方がハロウィンを海外で過ごす場合、以下のことを注意しましょう。



衣装

クルマやバイクの運転者が暗がりでも子供たちを判別できるよう以下のことに注意

①明るい色の衣装を着せる②明るい色のお菓子袋を持たせる③衣装に反射帯を付けて目立つようにする

衣装や仮面は、視界を遮ったり、つまずいたりすることを防ぐため、ぴったりと合うようにする。
また,刀剣,杖や宝石などのアクセサリーは長すぎず,尖っていない物にする。

装飾用コンタクトレンズは眼球に重大な障害を及ぼすことがあるので、装着前に医師に必ず相談する。



「トリック・オア・トリート(Trick-or-Treat:お菓子ちょうだい,くれないといたずらするよ)」

「トリック・オア・トリート」の際は、決して子供ひとりで他人宅に入らせず、
親または信頼できる大人が同行する。

子供が道路を横断する際は左右を確認し、道路の角(交差点等)で渡るように指導する。

お菓子など(トリート)は食べる前に変造されていないか、
のどに詰まらせる危険性やアレルギーの可能性がないかを十分に確認し、子供が食べる量を制限する。



「トリック・オア・トリート」の受け側

小分けにしたドライフルーツや個々に包装されたスティングチーズのような健康的なお菓子など(トリート)を配る。

滑ったり,落ちたりすることを避けるため、側道や階段から散らかった物や濡れた葉っぱを除去する。


パンプキン・カービング

パンプキン・カービングは大人が行う事。カービング道具の周りの子供を監督する。

カボチャ提灯(The Jack O'lantern)には、ロウソクの代わりにティーライト(小型キャンドル)や
ケミカルライト(グロースティック)を使用する。


この他にも、時間を指定して祭りを行うなどの処置も取られているようです。



やはり子供が関わる以上、安全対策は万全にしていますね。

もし貴方が国内、海外で行う場合も、以上の事には気をつけましょう。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。