So-net無料ブログ作成
検索選択

ハロウィンってどんな行事?詳細と歴史 [ハロウィン]

Halloweenとは?

万聖節(キリスト教で毎年11月1日にあらゆる聖人を記念する祝日)の前夜祭。
秋の収穫を祝い、悪霊を追い出す為の祭りです。



語源・・・Hallow(神聖な)+een(even=evening)

万聖節を英語でAll Hallow'sと言い、その前日である事からAll Hallow's Eveと呼ばれていたのが、Hallow E'enとなり、短縮されてHalloweenと呼ばれるようになったというのが有名な説だとか。



起源

数千年前の古代ケルト民族の祭り(Samhain)が起源と言われています。

古代ケルト民族は、1年の終わりを10月31日と定め、その夜を死者の祭としました。

それは死者の霊が親族を訪れる夜であるとされる一方(日本で言うお盆?)、
悪霊が横暴し、子どもたちをさらったり、作物や家畜に害をなす夜でもありました。

この時、死者の霊を導いたり、また悪霊を払いさったりする為、焚き火は不可欠なものとなったのです。


その後古代ケルト人と古代ローマ人がブリテン島を征服してから両民族の祭りが組み合わさっていきました。

起源は古く、古代ケルト民族のドルイド教の収穫祭の行事と、
ローマの果家女神Pomonaの祭が合わさったものだと言われています。

その後、キリスト教が伝来していき、現在のHalloweenという名前になったのです。

つまり、Halloweenは、古代ケルト・古代ローマ・キリスト教という3つの要素が混合したものなのです。


ラテン系国家では、宗教的色彩が強いが、イギリス・アイルランド・アメリカでは民族的習慣が教会的儀常時と並行して残存しています。



Trick or Treatの由来

ハロウィンをよく知らない人も、仮装して子どもたちが練り歩き、民家の窓をたたき"Trick or Treat"と言ってお菓子をねだるという一連の流れはご存知でしょう。

これは祭り用の食料をもらって歩いた農民の様子を まねたもので、中世の名残と言われています。




ちなみにイギリスでは、HalloweenよりGuy Fawkes Day[Night]ガイ・フォークス・デー(11/5)の方が一般的なんだとか。

こちらはHalloweenがGuy Fawkes Dayに吸収されたと言えます。

Guy Fawkes Day[Night]

イギリスの熱烈なカトリック信者であったGuy Fawkesは、1605年国会議事堂の地下室に火薬を仕掛けて国王ジェームス1世の暗殺を 企てたが直前に発覚し処刑される。 カトリック側のこの陰謀を怒った議会は、翌1606年「神の助けと法王への憎しみを忘れぬために」この日を記念日に定めた。

この火薬陰謀事件(Gun Powder Plot)の記念日こそがGuy Fawkes Day[Night]なのです。

祭りの内容は、毎年11/5になると子どもたちは町のとおりにGuy Fawkesに見立てたぼろ人形を作って置き、
大人が歩いてくると「A penny for the Guy(ガイのために1ペニーのお恵みを)とねだります。


(1ペニーとはイギリスの1UKポンドで、1/100がペンス(ペニー)。
現在は1ポンド約¥130、この1/100がペンス単位。)


そして最後には、この人形に火をつけて焼き捨てる。

当日はBanpire Nightボンファイアー・ナイトとも言われ、
花火を上げたり祝いの大かがり火をたいて祭を終えます。


話をHalloweenに戻します。

アメリカでは、子ども達の大晦日とも言われているとか・・・

アイルランド系の移民などに持ち込まれた習慣なのに、なぜか本場はアメリカと言われています。

街はHalloweenを象徴する色、つまりオレンジと黒を主に、
Jack-o'-lantern(かぼちゃをくり抜き目・鼻・口をつけた提灯)、黒猫、ガイコツ、クモやクモの巣で飾られます。


参考画像

ハロウィン.jpg



当日、夜になると子どもたちは思い思いに仮装し、近所を「Trick or Treat」と周りお菓子をもらいます。

ただ、最近は事故防止のために、色々と工夫して周るようです。
詳しくはコチラ


一見子どもたちが主体のお祭りのようですが、
実は大人たちもコスチュームパレード・パーティ・Mallや教会のお祭に参加をし、Halloweenを祝います。

ちなみにパーティーの一般的なゲームとして、リンゴを水に浮かべ、手を使わずに口でリンゴをgetするというものがあります。



ここ最近日本でも、かなりイベントとして定着してきました。

英会話教室・幼稚園・学校・地域などでパーティやイベントが開催され、様々な商品も販売されています。

初めてハロウィンパレードを実施したのが原宿キディランドだそうです。

今でも原宿表参道は日本のハロウィン本家とも言われ、毎年パレードがあるようです。


伝承、言い伝えなど

Halloweenのいいつたえ [将来の結婚相手を知る方法]

Halloweenの夜は畑に行こう!
Halloweenの晩、畑に出て若者が小道に種か灰をまいて歩き、その後について来る若い娘がいれば
その娘はやがて若者の花嫁となるといういいつたえがある。 (イギリス)

Halloweenの夜、リンゴを食べよう!
Halloweenの真夜中にリンゴを食べて後ろを振り向かずに鏡を覗くと、
そこに将来の伴侶の面影がうつると言われています。

Halloweenの夜、T字形にくつを脱ごう!
Halloweenの夜、若い娘が靴をT字形に脱ぎ、歌を口ずさみながら後ろ向きのまま一言も口をきかずにベッドに入ったら、夢の中で未来の夫に会えるといういいつたえがあります。


未来の結婚相手に関する言い伝えばかりですね。




Halloweenの伝説

=アイルランド=
死者が悪魔・魔女・幽霊・妖怪・黒猫などになって、地上に現れて騒ぎまくり、
ありとあらゆる意地の悪い危害を加えると信じられていました。

そんな彼らから身を守るためには、焚き火が必要でした。

人々は丘の頂上にかがり火をたき、その火でたいまつをともし、丘を下ったのです。

しかし、このような習慣はすたれ、焚き火の代わりにろうそくを用いるようになりました。


にれ・はしばみ・ひいらぎなどの植物は悪魔を追い払う護符だったようです。


=スコットランド=
魔女が魔法の杖をペットに置き、黒猫に付き添われて煙突から抜け出し、
ほうきの柄にまたがって空へ飛び去っていくと信じられていました。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。